S30の後期型S31Zがエンジンリフレッシュの為入庫しました。
車検も近い為それまでに足回りリフレッシュエンジン回りもオーバーホールをしていきます。

S31Zエンジン、足回りリフレッシュ記

購入してからどうしてもエンジン不調の原因が分からないとの事でエンジンチェック他、
足回りなど依頼を受けました。

キャブの調子が全く悪くエアー吸い、各気筒ごとの
バラつきがあまりにありすぎまともに走れません。。
キャブを外そうとすると・・。ネジ類がまともに閉まってません
でした・・。あまりにお粗末ですね〜。

オーナーの意向で中古をオーバーホールするなら
OER新品をってことでアウターベンチュリー、ジェット類
工場出荷時特注で特別に発送してもらいました。

点火系もすべて見直します。MSDに交換するだけで
アイドリング状態でも全くかぶることが無くなりますよ。

エンジンを降ろす前にエンジンプレッシャー、キャブバランス等を
チェックしました。2番が他より圧縮が落ちていまして、キャブは
バランスがというか押しロッドがすべてバラバラな所に固定して
ありました。これでは調子が悪かったのではないでしょうか。
走りは足回りがスプリングのみの変更ということで相当やわらかい
走りで乗るのにもストレスを感じてしまいます。こちらは車高調に
変更します。
プラグも焼け過ぎな所もあり燃料が薄くなってる所も
ありました。プラグは少し小さすぎる番手が付いていた
ようですのでこちらも変更が必要です。といった所で
エンジン降ろす段を取っていきましょう。
エンジンを降ろす段をとるまえにグランドノーズを外します。・・すべてネジが手で回ります。。いままで外れなくて良かったですよね。エンジンルームも外装と同色に塗る為すべて外していきます。
何やら怪しい補修がしてあります。エンジンルームを塗る
ついでに補修しますがそこは後日オーナー様にご連絡し
見て頂きたいと思います。スポンジが押し込んでマフラー
パテで荒隠ししてありました・・。
エンジンミッション降りました。両方共にオイル漏れが激しくエンジンルーム内も結構傷みが激しい感じです。外観はリペアして綺麗ですがやはり30年物ということでそれなりのやれは仕方ありませんかね。しかしこういう所こそしっかり仕上げて行きたい所です。
OER新品インテークマニホールドのポートを拡大し綺麗に仕上げていきます。新品とはいえポートの中の段付き等が大きいのでこれだけをやっただけで吸気効率の向上になります。
エンジンをばらしていきます。メタル関係は綺麗な感じでしたがチェーンガイドが欠けていたりと痛んでる部分がありました。ヘッドはポートも拡大し面研もしていきます。カムスプロケットもスライドに変更したりとオルタネーター他補機類もリフレッシュして小奇麗なエンジンルームを目指しましょう!
マジックリン、剥離剤を使って油汚れをとにかく落とし
ていきます。さすがに頑固な汚れも綺麗に落ちました。
エンジンルーム、ブロックを塗装の段取りを進めて
いきます。
エンジンブロックは目クラまで外し、洗浄しました。
雨が降っており作業もはかどりません。FRPの材料も九州が大雨の為遅れるし・・。そうはいっても少しは進みました。ブロック塗装。
ヘッドをばらしポート加工をしていきます。L20はシートリングが小さくもともとのポートとの所に段が付いてしまいますが、フルチューニング等をするわけではない為ある程度の所まででOKでしょう。連休中にはカッコにしたい所です。
インテークマニホールドとヘッドの段付きをさらっています。少しでも段付きを少なくすればスムーズに吸気してくれるはずです。排気も結構ピカピカになっていますよ。もう少し頑張ります!
グランドノーズで隠れて分からなかった裏側は実はボロボロの
ままでした。鉄板を製作し溶接後、錆処理チッピングにてバッチリ
仕上がりました。フレームもチッピングを吹き綺麗にしていきますよ。
エンジンルーム同色塗装の準備をしていきます。外装とやはり同じ色にしたいのは当然ですよねエンジンリフレッシュと共に余分なステーも外してすっきりエンジンルームを目指します。
エンジンルーム色が入りました。ヘッドもポートの加工が終わりヘッド面研に明日出しに行きます。今度はミッションの作業に進んでいきます。
エンジンルームの復旧作業です。ブッシュ類をウレタンに変更し小部品は綺麗に塗装などをやり直してから装着していきます。MSD・SSコイル、オイルキャッチタンクなど新しいパーツも装着し小奇麗なエンジンルームに替わるのはもう少し掛かりそうです。
腰下を組んでいきます。ブロックも綺麗に塗ってあると気持ちいいものです。
カム加工が上がってきました。同時に新品オルタネーター、スライドカムスプロケット、バルブスプリング、車高調が来ました。ヘッド面研ももう少しで上がってきます。エンジン組み付けももう少しです。
途中経過がカメラが不調で撮ってないのが残念ですが
エンジン、ミッションもオーバーホールが完了しておりまして
搭載まで完了しています。今週には火を入れて車検の段取り
まで進めていきたいと思っています。
ようやくエンジンを掛ける事が出来ました。後はキャブ調整、点火時期調整、サイドスリップ、ライト調整等車検に向けキャニスター、クリーナー、ブローバイなどを取り付けていきます。公道復帰ももう少しですね。
S30用MSD取り付けブラケットもカッコ良く付いてますね。
51年式の為キャブは公認が必要となります。ガスレポを添付すれば今の時代容易に公認取得できます。取得にはL20,L28共に書類が必要ですが両方書類の方は持っていますので申請は容易に出来ちゃいます。
このままでは車検が通らない為クリーナー等を装着し
ブローバイをキャブに戻す必要があります。ライトも
シールドビームだった為光量が出なかった為社外に
変更しました。
カーボンボンネット仕様に変更しました。しかし裏側までカーボンを張り込んだ裏打ちフルカーボンは美しいですよ。オーバーフェンダーなども艶消し黒でちょっといまいちでしたが純正ガンメタに塗りましたのですごくいい感じ。。アルミラジエターに変更して更にタコ足、マフラーもフルステンに変更予定です!
車高を落とすとマフラーが当たると言う事で一気に等長タコ足マフラーを
ステンに交換しました。本当はアーキュレーとのコラボレーションモデルを
装着と思っていましたがまだ出来ていない為、亀有製を装着しました。
フィッティングも良く、音量も程よくスタイル的にも抜群です。
ARIZONA Z CARフルキットデフもLSDを入れてバージョンアップ。

クラシックカーミーティングIn境港に展示しました

L20改2600のエンジン製作依頼を受けてるエンジンブロックをばらしていきます。L28クランク、コンロッドを使用しボアアップして行くので2基ばらして発掘して行かないといけません。。現在搭載しているエンジンは下取りでヘッドは移植しカムを変えて仕様変更していきます。なるべく乗る時間を削ることの無いようベースブロックを段取りしてから車両を入れ製作していきましょう☆

一応完成でしたがL20ヘッドチューンを堪能されたオーナー、更なる進化変化を求めL20改2600
エンジン製作を決行されることに。

L20改2600製作ブロックを洗浄後ブルーに塗って加工に出す準備です。加工から戻ってきてから塗る方が良いのか迷いましたが他の部品のついでがあったので先に塗っておきました。梱包後コンロッド、クランクと共に加工へ出すことにします。
Zを引き取りに行って来ました。ブロックの加工も出来上がったようで今週からエンジンを降ろすように段取りしていこう☆
L20改2600エンジン製作中のヘッド加工ポート拡大も大方完成バルブ関係はノーマルを使用するためシートリング等は入れ替えはしません。早速機械加工屋に面研に出す段取りを。E30ヘッドを1ミリ面研してあとはガスケットで調整します。盆休みまでに加工が上がれば非常に作業が進むんですが、せかし過ぎるのも良い物が出来ませんからね〜。。
L20改2600エンジン製作のヘッド面研加工が仕上がってきました。手前がキャブ用ヘッド、奥がインジェクション用ヘッド燃焼室の形状が違うのがよく分かります。
圧縮はガスケットで調整していく段取りです
コンロッドフルフロー加工、大端部機械軽量加工済みの物を重量合わせ鏡面加工していきます。まずはサンダーで思い切って削っていきましょう。
続々と部品が到着します。オイルクーラー、今のはやりはブラックのメッシュホース今までのステンメッシュに比べ加工しやすくボディーにも傷がつきにくくて更にかっこいいですよね〜☆
暫く忙しく中断していた作業が少し落ち着きようやく着手できるようになってきました。。バルブ摺合せをし洗浄後組み付けが出来そうですね。腰下もピストンリングのクリアランス調整後いよいよ組み付けに入れそう。。
L28コンロッド重量合わせ鏡面仕上げ完了☆オリーブオイル漬けで味を染み込ませて料理の下準備(笑)。。おいしそうでしょう♪

スチーム洗浄前にクランク室内のバリをベルトサンダーで
落としておきました。細かい事ですが手を抜かずやって
置きたい作業の1つですよね。

ボーリングしたシリンダーの補強としてブロック
フィラーを注入しておきます。強度アップになります。

ピストンリングの調整後腰下の組み付けに
入っていきます。ピストンに合わせシリンダーも
ボーリング済みです☆

油断してる隙にピストンが組み付けてありました(汗。。リングのクリアランス調整の時はバッチリ撮ってたのですが・・。今週中にはヘッドドッキングし、エンジン搭載できるかな?写真部チャンスを逃さない様頑張ろう(笑。

ヘッドもドッキングクラッチまで装着し
ておきました。

バルタイを取っていきます。

一応形になっていますがこの度排気量も
上がったと言う事でオイルクーラー、追加
メーター類も増設していきます。

オイルクーラー設置

メーターはカーボンパネルでバランスよく設置
しました。

純正の燃料ゲージはグローブボックス下に移設
し使用出来るよう配線も加工しました。

プラグコードも今まで問題なく使用出来ていましたが
アメリカから輸入したコードブラックワイヤーで
ワンオフ製作これが結構かっこいいんですよ☆

排気量アップになった事でジェット類も変更

エンジンルームのイメージもがらりと
変わりシックな感じに仕上がりました。

セッティングも終わり納車時オーナーも満足され帰られました。
今後も進化は続きます。

点検他で入庫したタイミングでこれからのシーズンあまり出番が
ないかもしれませんがフレッシュエアーを取り込むようにファンを
設置しました。これを設置することで真夏の市内渋滞などで
パーコレーションなどが起こらなくなると思います。
ステンタコにまきまきするのはもったいないような気がしますから・・。
更にZのGノーズは熱が逃げにくいですもんね〜。。