状態

外見上見た目には程度がよさそうですが、ボンネットの裏側、ドア下など
ちょこちょこ腐れなどがあり修理、又は交換が必要なようです。ボディーカラー
は純正のゴールドに戻す予定となっております。

まずは、エンジン始動よりやって行きたいと思います。
数年間動いた形跡がなかったようです。
そこでウェーバーのオーバーホールを致します。
チョークレバーなどもかちっていてビクともしません。。
インシュレーターにもクラックが入っていました
のでオーバーホールパッキンセットと一緒に注
文致します。

早速ウェーバーのオーバーホールキットが届き
ました。

ウェーバーを慎重にばらしていきます。加速ポンプ
などかちっていて抜くのにもコツがいります。キットの
中にインシュレーターパッキンがあったんですね。
カタログには映ってなかったんですけど・・。

ウェーバーの部品が錆びて使用不可の部品が出ましたので、
当方の部品取りより部品を調達しました。

状態

下回りは思ったより程度は悪くなく、サイドの耳
の辺りが錆びていますが比較的程度は良好です。
ハンドル周りのがたもなさそうですが、ゴム類は
どろどろに溶けています。ニッサン特有ですね。
エンジンは多少オイル漏れしていますが、比較的
綺麗な方でしょうか。。

リアブレーキオイル漏っています。
サスとショックは社外に交換してあり、抜けも
無さそうですが、車高が高いですね。

ウェーバーのオーバーホールが完成しましたので、ガソリンを通しエンジンを始動
させました。一応掛かりましたが、ウォーターポンプが逝ってました。要交換です。
ラジエターも詰まっておりますのでコアのアッパーとロアを外して掃除してもらいます。
これをしておかないとオーバーヒートの原因となりますのできっちりとして行きたいと
思います。

ウォーターポンプ逝ってます。

ウェーバー綺麗になりました。。

パッドも要交換です。

タンク内は、錆とタールにより完全にパイプが
詰まっていました。燃料ポンプは壊れておりま
したので、私のストックより提供したいと思います。
問題は燃料ゲージが錆で完全に作動しなくなって
います。私が持っている部品取りのゲージが使用
出来るようであれば交換したいと思います。

コアの掃除だけでいけるかと思っておりま
したが水漏れしていましたので、コアを張り
替えなければ使用出来ないようです。

リアブレーキシリンダーが腐食、傷があるため
要交換となるため、新品に交換致します。他は、
洗浄、オーバーホールにて使用可能でした。

パーツは各部品ごとにきっちり分けておきます。

ストックしていた燃料ポンプDR用ですが、
レギュレターにて燃圧を下げて使用いたします。

秘密のガレージよりローレルウインカーを
発掘です。多少レンズを磨けば、問題なく
使用出来ます。お客様のリクエストとなります。

ガソリンタンクの中の錆がひどく、いくらでも錆が出てきました。このままでは確実燃料がつまりエンジン
トラブルの原因となるため、ワコーズの錆取り材にて中を綺麗に致します。1〜2日溶剤をタンクを回しながら
慎重に洗浄いたします。洗浄後1日中ドライヤーにて完全に乾かして行きます。

使用出来なかった燃料ゲージも部品取りのパーツで
問題解決です。新品を買うと5万円程度するようです。

いつ見ても新品部品はいいものです。リペアパーツを
含め、部品を組みつけていきます。

サーモスタットの交換を致します。取り付け
をする前にきちんとタップを立てておきます。
ボルトが、途中で折れたりしては後々大変で
すからね。。

ケンメリ用デュアルマフラー新品です。製品は
前期用しかない為、取り付け等を加工します。
出口はメッキ仕様となっています。

リアガーニッシュに付くエンブレム前期用になりますが、
私のストックより提供いたします。後期用パネルには
フィットしませんが加工して取り付けたいと思います。

製品が前期用マフラーのため、取り付け部を全て加工
しないと取り付けが出来ません。ミッションマウント
にも干渉するため加工していきます。これが意外に
時間と労力が掛かる作業です。

燃料ポンプもステーを溶接しなおし、配線も
引き直しました。ターボ用の容量が大きい
タイプなので燃圧も安定した供給量となります。

外装の外せる部品は私が外していきます。
なるべく塗装屋さんの手を煩わせないために
ガラスのモールまで、外していきます。

部品を外していく工程で、フロントガラス
周りが腐っていることが発覚しました。
ガラスを外して修理しないと雨漏りの原因
となります。リア側は問題ありませんでした。

牽引し近所の塗装屋さんに持っていきます。
ナンバー?。。あくまでも近所です。。

早速ガラスを外していきます。プラスチックの
ピンが再使用できればいいのですが・・。

ドアを外し、腐った部分の錆を錆チェンジャー
にて赤錆を黒錆に変化させます。
そして、腐れ部分を完全に切除し、鉄板を
溶接していきます。腐れ修理の基本です。。

外装のみとオーダーを聞いておりましたが
トランクのスペア部、サイド部が気になりま
すのでこの際錆除去後ボディーシュツを吹き
同色に塗装致します。タイヤハウス内も同様
に同色塗装致します。

ガラス周りの補修を致します。幸い錆
除去部分には穴が空くことはありませ
んでしたので錆止め処理後ファイバー
パテにて修正していきます。

オーダーではフロントスポイラーのみのオーダー
でしたが、フロントパネルがかなりパテ盛り状態
でしたので、当社提供によりFRP製に交換致します。
フード、トランク、ウイングは製作中です。

エンジンルームはオーダーで聞いておりませんが、
サイド部分が腐って穴が空いておりましたので鉄板
を当て、補修いたします。本当はエンジンを降ろしたい
所なんですが・・。

フロントエプロン内部の錆を除去後錆止め処理を
致します。しかし、裏側が気になり思わずラジエター、
コンデンサーを外し裏側もやっちゃいます。以外に
錆びています。ここまで来たら、エンジンを・・。いや
いや悪い癖が出そうになりました。

外装は着々と進んでいます。

サフェーサーが入りました。今後赤パテにて
歪を取っていきます。まだ道のりは長そうです。

トランクルーム塗装、ドア裏側の塗装です。
この後ドア取り付け後、外装の全塗装を行
います。色が入ると出来てきたなと感じま
すね〜。

腐れの激しかったフロントドアも腐れ部除去後、
鉄板を張り、補修しておりますので、裏の折り返し
部分の再現もいい感じに仕上がりました。
だんだんゴールが見えてきた感じです。トランクは
当社のファイバー製を装着です。

リアパネル補修完了です。後期パネルですが、
前期のバッチを加工し装着です。

外装もドアが付き、足付けをしていきます。
サッシは黒に塗装済みです。

フェンダー内側、エンジンルーム同色にて
塗装してあります。1日置いてクリアーの磨き
を掛けていきます。そろそろカーボンフードの
仕上げをしていきます。メッキモールが凹んで
いますが、出来る限り補修して装着していけれ
ばと考えております。

ガラス装着です。順次内装、外装を組み
付けていきます。エアコンコンデンサーも
取り付けておきます。外す時点でもガスが、
入っていませんでしたので、再度点検が必要
かと思います。

カーボンフードも完成です。艶も
ボディーに負けないように磨きます。

外観だいぶん仕上がってきました。
やはりモールが気になってしまいます。
もう少し磨いて仕上げていければと思います。
ゲンコツウインカー、チンスポ決まってます。

フロントモールです。以前こすってガリ傷が
あります。叩いてサンディングにて補修します。
多少歪は残りましたが、見た目は良い感じでしょ。

取り付ければぱっと見わかりませんね。

いい感じです。あと大物は
リアウイング装着でしょうか。

完成でしょうか・・。いや、今後
オーナー様のカラーに染めて
いって下さい。