下回りの塗装を致します。現状はサイド部分に薄く錆が出ておりましたので、カップワイヤーにて錆除去後同色にて塗装致します。サイドワイヤー等は交換いたしますので、気にせず色をかけました。下回りもリフレッシュしました。しかしここまでする必要があるのでしょうか・・。性格出ますよね〜。。
状態は最初から意外と程度良好で、まずエンジン、補記類、ガラス、足回りも取り外し、ドアの腐れ部分を切り取り、錆止め後溶接にて再生いたします。ボンネットはカーボン、トランク、フェンダーはFRP製にて製作いたしました。ドアもしたかったのですが、今後程度良好なものがあれば、製作したいと思っております。
エンジンルームも同色にて仕上げ、L28改3,1ソレックス44パイ、タコ足、新品デュアル管を装着いたしました。ストリートでの使用ですので、エアコン等も装着いたしました。点火系もMSDで亀有のデスビを装着いたします。足回りも車高調4ポットR200デフ、リアディスクに変更いたします。内装も当社オリジナルバケットシートを装着予定です。パワステも付いてますよ〜。軟弱者でしょうか?MSD装着で、プラグコードがリークしないかが心配です・・。
純正の貧弱キャりパーを4ポットに変更いたします。GT−ELに装着する場合はかなりの加工が必要となります。 今回はDR30のローターを旋盤加工にて装着することに致しました。写真左がDR30のローターで、右が純正のローターとなります。大きさが結構違うので、外径を削ります。車高調は、ミカミオートオリジナルで当社でも純正ストラット下取りにて注文可能です。
外形研磨後、キャりパーのあたる部分を削ります。ローターの厚みも1ミリ程度薄く致しました。キャりパーの方も取り付け加工するため、タップを切り取り付け部分の角度を調整するため、取り付け部の厚みを少し、薄くします。
ウイングもジャパン専用に製作致しました。写真はカーボン製での製作です。給油口も製作致しました。
熱対策にオイルクーラーも装着いたします。内装も仕上げ中ですが、MSD7ALをセンターコンソール部分に装着いたします。純正デッキが入る部分は、カーボンパネルを製作し追加メーター類を埋め込みます。あと、ダッツンシフトノブ欲しいですね〜。どこか余ってません?
当社にあったDR304ドアの部品取りよりリア周りをジャパンに移植するためにデフメンバーごと降ろします。降ろしたついでに、メンバーキャリパー等もリペア後塗装して装着いたします。解体ついでにエンジンミッションも降ろしておきます。今後DRの2ドア用に部品をストックしておきたいと思います。
クランキングしセルを回します。ウォ〜掛かりました。2年越しにてエンジンが唸りを上げました。とりあえずエンジンは掛かりましたので、後は足回りですね。
ひょいひょい!!もう降りました。
仮合わせを致します。R200デフに変更する場合はデフキャリアを製作しないと付きません。そこで溶接にて現車合わせにて製作致します。プロペラシャフト部のフランジ部分も合わないため、部品を購入後交換いたします。ん〜ブレーキの配管も作り直さないと装着できませんね〜。
ありがとうDR・・。ドナドナです。
外したパーツをばらし、グレーにて塗装致します。
塗装完了後組み付けていきます。デフ後部は、アルミですので磨きにて艶を出します。ん〜まだまだ磨きが足りません・・。細部はタッチアップにて仕上げていきます。配管も出来ました。パイプはそのまま使用出来ましたが、ステー部分を小加工し取り付けできました。とりあえずリア周りも後ホースをステンメッシュに交換後エア抜きをして完成ですかね。。しかし、問題が発生です。DR用の足回りを装着したところ、幅が広がりローターが外側に出てきてタイヤがフェンダーに干渉してしまいました。ホイールのオフセット変更をしないと走れそうにありません。
ん〜見た目は良いんですがね〜。。タイヤがあたって動きません。何とかしないと・・。

個人的にはメッキのロンシャンが良いかなと思
いますが、フェンダーにあたっちゃうんで、とりあ
えずブラックレーシングを装着しておきます。でも
2ドアには意外とお似合いですかね。。

臨時ナンバーを借り試運転をしました。
これといった不具合もなく走りました。
ブレーキのあたりが出るまでと、エンジン
の慣らしが終るまでは全開走行とは行
きませんが、3,1リッターのトルクは有る
様に思いました。

外装の補修を含め、室内のメーター取り
付け、フロントバンパー、シート交換等ま
だ完成までまだまだですが、ん〜なかなか
かっこよくないですか?そういえば、倉庫に
フロントタワーバーがあったような・・。探して
みよ〜と。。

ステレオはやっぱりロンサムカーボーイ
でしょう!スピーカーイレブンで決まり
です!!